地元に精通している工務店ならではの強み

地元に精通している工務店ならではの強み

これから注文住宅について地元の工務店に相談や依頼を考えているけれど、何かと不安があって、なかなか一歩が踏み出せない、こんな方もいるはずです。
それならばまず工務店の強みやメリットを知ることで、判断の参考になるかもしれません。
一口に工務店といっても様々なタイプがありますが、多くのケースでは大手ハウスメーカーと比べて店舗規模や営業エリアが小さく、経営者を含めて少人数で営業しているのが一般的。
昔からいわゆる町の大工さんと呼ばれている建築業者であり、地域に密着した営業姿勢に大きな特徴があると言えます。
実はこの営業姿勢こそ、工務店ならではの強み。
地域密着型なので、地域の土地相場だけでなく地理や風土そして慣習まで、深く詳細に熟知しているケースが少なくありません。
また地元の関連業者と長年にわたって関係を築いており、資材の調達や人材の確保なども、独自のルートで実現することが可能です。
このため注文住宅のように設計の自由度が高く、独創的な住まいであっても、施主の希望や条件にきめ細かく対応し、柔軟な設計が期待できます。

地域性の高い工務店は安心して相談できるメリットがある

工務店は、小規模で自社一貫体制で業務を行っていることが多いという特徴があります。
地域性に優れていますので、その店舗でしかわからないような特殊な事情を理解していることも多い現状です。
元々、注文住宅などを工務店で相談する場合には、土地の事から詳しく考えていかなくてはいけません。
例えば、注文住宅で地盤が悪い土地を購入してしまうと、将来的な安全性を確保できなくなるリスクが生まれます。
日本は、台風や地震などが非常に多い土地柄であるため、自然災害があったときに住宅を守ることができるだけの強固な地盤が必要です。
こういった、周辺地域の土地柄まで含めてサービスを利用できるのが工務店の最大のメリットです。
工務店は、地域性が非常に高いという影響からその周辺で生活をするために必要な有益な情報を率先して提供してくれます。
また、店舗ごとの独自性も強いのでそこでしか利用できないようなサービスやサポートもありますので、初めてでも安心できます。

著者:三浦和憲

筆者プロフィール

愛知県豊田市生まれ。
昨年夢の注文住宅を購入!自分の体験をもとに家を建てる時の工務店の重要性について記事をまとめました。