新築やリフォームを依頼!工務店と上手に付き合うための情報を徹底的に紹介

このサイトでは、工務店に依頼して新築の家を建てたりリフォームをする場合の、上手な付き合い方を詳しく解説しています。
上手に付き合うことができれば終始気持ちの良いやり取りができますし、満足のいく結果も得られやすくなります。
また、地元に強いところを選ぶ場合の強みに関しても述べており、スタッフまで見てから決めた方が失敗しにくいことも説明しています。
スタッフの技量や経験が、そのまま家づくりの結果となって返ってきます。

新築やリフォームを依頼!工務店と上手に付き合うための情報を徹底的に紹介

工務店に依頼して新築の家を建てたり、古くなった家をリフォームする場合には、上手に付き合えるようのコツを押さえておくことが大切です。
基本としてすぐに連絡の取れる電話番号を聞いておき、何らかの問題が発生したら勝手に判断するのではなく、まず最初に工務店に相談するというスタイルをとっておくのが安心です。
また、相談した時には色々なアドバイスをもらえますので、そのアドバイスを参考にしながら決めることで信頼関係が高まります。

要望にしっかり応えてくれる工務店とは

工務店とは、家づくりをともにするかけがえのないパートナーです。
家づくりで完成する住まいは依頼する工務店次第で変わるので、信頼できるパートナーを見つけられれば失敗しないでしょう。
逆に言えばパートナーが信頼できないと家づくりをも失敗するので、最初の一歩が大事になります。
依頼する工務店が信頼できるかは、コミュニケーションにかかっていると言っても過言ではありません。
円滑に話し合いが進み何でも話せる間柄なら、意思の疎通もうまくいき要望も叶えやすいでしょう。
ですから工務店を選ぶときには、担当者や建築家など家づくりに関わる人との相性も重要になります。
相性が抜群なら細かな要望に応え反映してくれるだけではなく、施主に対して細かな配慮をしたり期待以上の答えをくれます。
夢が叶いそれを超えた家なら、これほど満足できる住まいはありません。
本当に良い工務店とは、お客さまの想いを大切にしてそれを実現してくれる会社のことです。

工務店選びから契約成立までの流れ

注文住宅を購入する流れとしては最初にハウスメーカーや工務店を探します。
施工会社の中には土地探しを手伝ってくれるものもあるので、効率的に理想の住宅を建てたいのならば複数の会社を比較して候補を選ぶとよいでしょう。
複数のハウスメーカーがモデルハウスを展示している総合住宅展示場を訪れるのもおすすめの方法です。
候補となる工務店が決まったら設計について打ち合わせを行い見積概算書の作成を依頼します。
後悔のない家造りのためには納得できるまで何度も設計や費用について確認することが大切です。
実際に工事を依頼する施工会社が決まったら請負契約を締結します。
請負契約の締結時には使用する材料や設備などを確かめるだけでなく、手付金として建築費用の10%ほどを支払う場合もあります。
契約成立後は建築確認の申請を行うのと同時に住宅ローンの本審査を受けます。
建物が完成すると市区町村による完了検査が行われ問題がなければ検査済証が発行されます。

工務店が着工してからのスケジュール

工務店で住宅建築を依頼する場合には、着工からのスケジュールを理解しておきたいところです。
工務店に依頼をする場合契約を結んだとは住宅ローン等を組み、その後設計が終われば着工することになります。
それまでは半年位かかるケースもありますが、スタートしてからはそれほど時間はかかりません。
住宅も、スタートしてからいつの間にか建物が建築されているケースもありますが、多くの場合作り始めるまでの時間が長いだけです。
その後は、依頼者としては特に行う事はありません。
たまに、工務店から電話がかかってきて質問を受けるようなことがあるかもしれません。
それに対して明確に答えることが大事になります。
加えて、たまには建物を建築している途中の住宅を見にいきましょう。
住宅を見に行くと、依頼者側から何か質問したいことがあるケースも考えられます。
具体的なものがあれば、積極的に質問をしてみるのが良いかもしれません。
これにより、納得できる住宅建築ができるようになります。

工務店にリフォームを依頼するメリット

自宅をリフォームする際の依頼先は大きく2つに分かれます。
ハウスメーカーと工務店ですが、前者に頼んだほうが良いと考える人は少なくありません。
やはり知名度や規模が上なので、安心して頼めるという心理が働きやすいからです。
しかし、実際は工務店に依頼することにもメリットがあります。
それはさまざまな面で小回りが利くことです。
一口にリフォームといっても、修繕の方針は人によって異なります。
細部まで自分の要望を取り入れてもらいたくても、ハウスメーカーの場合は一律の方式で実施することも多いです。
なぜなら、受注数がとても多いので、そうして効率的にこなしていくことがセオリーだからです。
クオリティは悪くなくても、ニーズへの適合度においては満点ではないでしょう。
工務店は最大限の配慮で、ニーズをすべて叶えようとしてくれます。
時間がかかるケースもありますが、それは人手がハウスメーカーより少ないので仕方がありません。
それでも、なるべく早く終わるように進めてくれます。

著者:三浦和憲

筆者プロフィール

愛知県豊田市生まれ。
昨年夢の注文住宅を購入!自分の体験をもとに家を建てる時の工務店の重要性について記事をまとめました。
豊田 工務店